menu

症状を改善させるには

お薬手帳と薬のパッケージ

眠れないという辛さ

眠れない……これほど辛いことってなかなかありませんよね。
休息を取れないと様々な不調を招きますし、なにより日中ボーっとして仕事に力が入りません。
眠りは健康な生活にとってかかせない事です。日々の暮らしなかでは食事に次ぐ生活の重要な局面といっても過言ではありません。
質の低い睡眠をとっていたり、あるいはまともに眠れていないと、どうなるのでしょうか。
多くの人は身体は疲れを感じやすくなり、頭がボーっとしてあまり働かなくなります。
集中力が切れてイライラしやすくなってしまい、思わぬ事故やミスを招いてしまうことも。
また、ついつい食べ過ぎてしまうといった人も、もしかするとよく眠れていないという証拠かもしれませんね。
不眠症が怖いのが、食事が原因の生活習慣病とちがって心の病気にまで発展する可能性があるということです。
脳が正常に働かないと、脳が誤作動を起こしている状態になるといいます。これは心の病の原因となります。
精神が弱ると自然と身体も弱っていき……重大な病へと発展する可能性も…。
このように、心と身体にとって悪影響ばかりの不眠……実は現代を生きる人にとってはかなり身近な症状なんです。
ある調査によると、不眠症の予備軍もしくは不眠症の人は、日本の人口の半分くらいにまでのぼるとか。
つまりこの文章を書いている私も、そしてこのサイトを見ているあなたも、その予備軍である可能性があります。
成人の場合、だいたい7~9時間の睡眠をとるといいと言われています。これを結構長い数字だと感じる方は注意した方がいいかもしれませんね。
また6時間以下の睡眠時間の人は心臓疾患・脳卒中・糖尿病患者のリスクが格段に高くなると言われています。
なので少なくとも6時間、可能であれば8時間くらいは眠るのが理想的という感じなのです。
一体どのようにすれば満足のいく睡眠、より質の高い睡眠がとれるのでしょうか?


不眠症は現代の病です

人間にとって最適な睡眠時間は7~9時間。また6時間以下の睡眠時間の人は病気のリスクが高いということはお話したかと思います。
では、できるだけ早く床につけばいいのでしょうか?残念ながらそれでは解決できない場合もあります。
ベッドに入って数分、数十分は眠れない時間があるかと思います。それが数時間にわたるという人もいるでしょう。
早くベッドにはいったところで、眠れない人はやはり睡眠不足の改善は難しいかもしれません。
このような症状を入眠困難といいます。不眠症の立派な症状の一つです。
入眠困難のイヤなところは、「眠らなきゃ」という焦りを生み、より眠ることができなくなる点です。
また、このときあまり上の「~時間眠らなければならない」というような事を意識し過ぎるとかえって眠りを妨げることにもなってしまいかねません。
このような不眠症の症状は入眠困難の他にもあります。例えば中途覚醒は眠っている途中で起きてしまうという症状で、結果的に睡眠時間が短くなり質も低くなります。
また、起きようとしている時間の2時間以上前に目覚めてしまう早朝覚醒、あるいは浅い眠りしか取ることのできない熟眠障害というのも不眠症の症状です。
一見眠れているようにも感じるため不眠だと見やぶりにくいのが、この二つの厄介なところですね。
このような症状に見覚えがある方は、ぜひ気を付けて頂きたく思います。
でも、気を付けるといっても一体何をすればいいのでしょうか?
それには様々な方法があります。一体なにが不眠の原因か見極め、自分に合った方法を試してください。
また、状況によっては不眠症に良く効く睡眠薬を試してみるという方もおすすめいたします。

どうすれば眠ることができるか

生活習慣を見直すとという行為が、結果的に不眠症の改善へとつながる可能性があります。
たとえば食事。食事のなにが睡眠と関係しているの?と多くの人は考えるでしょう。しかしこれらは意外と密接につながっているのです。
たとえば消化や吸収に時間がかかるものを大量に摂取した場合、それが睡眠を妨げてしまう場合があります。脂質と糖分がもっともその恐れがあります。
眠る前に脂っこいもの。糖分が多いものを食べるのは控えた方がいいでしょう。さらに脂質、糖分の摂取を抑えることは生活習慣病の予防にもなります。なのでぜひ試していただきたく思います。
睡眠の質を高める食べ物というのも存在します。分解されるとメラトニンになるトリプトファンは、アミノ酸の一種で魚介類に豊富に含まれています。
穀類、乳製品、魚介類などのトリプトファンを多く含む食品を朝や昼に食べると、夜には分解されてメラトニンになるため眠りの質は上がります。
このように、生活に気を付けることで眠りを妨げる障害を減らし、眠りの質を高めることが可能です。
さらに眠る前の1、2時間は部屋の照明をやや暗めにし、スマートフォンなどの明かりは見ないようにするなど、配慮を行うことも重要です。
それでも眠れないという場合、何らかの他の要因があることが多いです。例えば精神的なストレスであったり、睡眠のリズムが狂ってしまっていたり……。
そんなとき、睡眠薬を用いると解決することがあります。メラトニンを含む睡眠薬や、脳の興奮を抑える睡眠薬は市販の薬局にもあります。
また、薬局よりも有効な手段は通販です。通販で睡眠薬を買うことには様々なメリットがあります。

コンテンツ一覧

青いカプセル

「辛い不眠症の方は、睡眠薬を通販で購入しましょう」のコンテンツ一覧です。

read more »

体内時計を正常に保つ

睡眠のリズムは非常に狂ってしまいやすく、また一度狂ってしまうと元に戻りにくいものです。不眠症になっている方の多くはその睡眠のリズムが狂っている状態であるといえます。睡眠薬を活用すれば、元に戻す手助けをしてくれます。

read more »

興奮状態を穏やかにする

精神的な不安やストレスが眠るまえの能や身体を興奮状態、あるいは緊張状態にすることがあります。それによって眠れないという症状がおこるのです。通販で睡眠薬を購入して、焦燥感をなくし穏やかな気分で眠りにつきましょう。

read more »