気付きやすい症状について | 辛い不眠症の方は、睡眠薬を通販で購入しましょう
menu

気付きやすい症状について

橙色の錠剤

不眠症には様々な種類があります。一口に不眠症といっても、その原因も症状も色々あるのです。
不眠症と気付きにくいような症状もあれば、これは不眠症だと断定しやすいものもあります。
このぺージでは、そうした不眠症の症状とどんな薬が効くかということについてお話したいと思います。
まず最初にお話したいのが、不眠症だと気づきやすい症状のあらわれ方についてです。
眠っていないという実感があり、明らかに疲れが取れていないという症状の場合がこれにあたります。
不眠症の症状のなかでもっとも有名で、一般的に不眠症といわれて想像しがちなのが、入眠困難です。
入眠困難は不眠症の症状のなかでもかなり有名で、間違いなく知名度は最も高いです。
睡眠時、ベッドに入ってもなかなか寝付けない、目を閉じても眠る事ができないというのがこれです。
具体的には1時間以上眠れないと、入眠困難である可能性が高いと言われています。
さてその次に不眠症として思い浮かべるのが中途覚醒でしょう。
中途覚醒は寝ているあいだに頻繁に目を覚ますというもので、眠りが浅くなりがちです。
眠れはするものの途中で何度も起きてしまい。起きた後も疲労感がのこっている。
このような状態を中途覚醒といい、入眠困難よりやや気づきにくい症状だといえます。
この入眠困難と中途覚醒の二つの症状によく効く睡眠薬は、バスパー・ジェネリックとルネスタ・ジェネリックです。
どちらとも興奮状態を鎮静し、心を落ち着かせてくれます。リラックス効果のあるアロマなどと併用できます。